FXで長期保有の取引をするときのポイント

###Site Name###

FXの取引スタイルの1つに長期保有があります。

これは通貨間の金利差で利益を得ていく方法で、決済の回数は少ないため、スプレッドの広さよりもスワップの高い業者を選んで取引を行います。
スワップについては、相場変動で利益がすぐに飛んでしまうことのないように、ある程度高いものを選びます。
FXの特徴であるレバレッジについて、長期保有では低めに抑えておくと安全です。



スワップの高い通貨ペアは相場の変動が大きいため、レバレッジを抑えてロスカットが起きないようにします。
レバレッジを1倍にすると外貨預金と同じ状態になりますが、簡単にお金を引き出せ、手数料もかからないため、FXの方が得になります。



取引において、為替相場の変動も無視はできません。

FX情報が揃っています。

金利差で利益を得ると言っても、ポジションを持った直後に相場が下がると含み損のある状態から始まってしまうため、相場の変動を見極めて下がり切ったと思うところからポジションを持ちます。

相場の下落が続くと予想されるときには一旦決済してポジションを持ち直すことも必要です。
また、相場の上昇で利益が確実に得られる状況でも一旦決済して利益を確定させ、下がってから再度ポジションを持つのも利益を得やすくなります。

スワップが得られるからと決済せずに持ち続け、買値よりも相場が落ちてから慌てて決済すると、相場変動で得られた利益を手にできなくなります。


また、どの業者でもタイミングはほぼ同じですが、スワップを得られるロールオーバーのタイミングを確認しておきます。

ロールオーバーの直前で決済すると、1日分のスワップを逃すことになります。